葉桜と五月に~5月の涙~

人は涙の川を渡りながら
一日一日を歩みゆく

今は葉桜の季節
天から降り注ぐ葉桜の木洩れ日が瞳にまぶしい

五月は 僕の過去の恋人
さつきさんの誕生日の月だ

さつきさんが霊前へ旅立った日から
15年の月日が流れた

野川の水の流れは
僕の涙の川のように思う

過去のことは過去のこととして忘れ去りたい
でも この季節になると

彼女のことが思い出され
独り 孤独の歌をうたい 涙を流す

彼女も 詩歌が大好きだったなあ~
今 僕は独りでも……

いつも さつきさんが僕の背中を押してくれているように思う
涙の川を乗り越えて

彼女の分まで
これからも 僕は力強く生きていきたいと思っている

                          亜紀海 春樹




inserted by FC2 system