亜紀海春樹の部屋へようこそ

詩の泉
生活に中のエッセイ
私の書いた詩
ご感想フォーム
私の俳句

welcome to my homepage

お茶飲みタイムの画像


早春:阿佐ヶ谷の朝の風景

👆
mp 再生ソフトが入っていれば見れます。クリックまたはフックなさって下さい❣ 42秒のスケッチです。

冨田麗香

高円寺の夜の街角:映像mp4

「ひこうき雲」冨田麗香さんの歌声:高円寺路上&夜の街角
ユーチューブ動画でもみれます❢
いつも、または、初め ての方も、「亜紀海春樹の部屋へようこそ」へ訪れてくださって、ありがとう ござ います。
この度、「詩の泉」という自作の詩のページを追加しました。
詩とエッセイ、それに写真を加え、皆様に楽しんで戴けるよう工夫 しています。少しばかりの英語も含まれています。
亜紀海春樹(あきの はるき)より心を込めて、あなたに……❣
「私の俳句」の中にある、「俳句史織」(俳句・句集)と「川柳史織」(生活の川柳)は、随時更新して いきます。
2022年より「気まぐれ日記」始めました。このページの下方にあります。

Welcome to The Room of Haruki Akino.
My Homepage includes English and some photos a little.
Thank you very much from Haruki Akino.


                  ★☆★更新情報★☆★
〇「エッ セイ」に「私 的エッセイ~2021年師走にて~」書込み。
〇「詩の泉」 に「詩: 駅」(ステキなスポット動画14点)書込み。
〇「詩 の泉」に「あ どけない朝」(Include English)書込み。
〇「詩 の泉」に「井 の頭~心の詩~」(編集ビデオ)を書き込み。
〇「エッ セイ」に「馬 橋公園:四季の便り」(写真も)書込み。
〇「エッ セイ」に「コ ロナで苦しむ若者たちへメッセージ」書込み。
〇「私の 俳句」に「俳 句史織in2021」12月分更新いたしました。
〇「私 の俳句」に「川 柳史織in202112月分更新いたしました。
ご感想フォームを新たに開設しました。
〇気まぐれ日記開始。僕の思いと皆様へのメッセージ。ページ下。
最終更新日:2022 年1月25日(火)

私のページ「亜紀 海 春樹の部屋へようこそ」
皆様のご訪問が私の 喜び。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
皆様への感謝と、コ ロナに負けない、温かい暖かい部屋にしてゆき たいです。ご感想・ご近況等どんなことでもいいです。悩み、悲しかったこと・嬉しかったこと……お知らせ下さい。フォー ムから。
一人ではできない、 多くのことを共に創り上げていきましょう。
コロナ禍、真剣に取り組んでくださってお られる医 療関係者の方々に、心から感謝申し上げます。
Thanks for effort of Medicines' persons!!
若い皆さんへ、今のコロナ禍を油断せず、あなた自身の健康を守って下さい。行動は 慎 (つつし)みながら、でも、楽しみましょう❣

皆 様へのお詫び
私の住 まいの引越しと生活に追われバタバタと生活していました。
やっと 落ち着きました。それで私のページの更新を続けていく予定でしたが、悪質なインターネット業者が割込み、ポケットWiFi以外で インター ネットが使えない状況下が続いていました。
イン ターネット環境が整わず、約2ヶ月半更新できずじまいで、皆様方には大変ご迷惑をお掛けしました。深くお詫び申し上げます。
生活も 落ち着き、インタネット回線(高速で信頼できる光回線開通)も整いましたので、12月以降これからは、気まぐれながらも、更新作 業にも努力してまいります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
※ ユーチューブ動画も更新していきます。よろしければ、ユーチューブのチャンネル登録もお願い致します。














ご訪問回数


 メニュー   Spring in Poetry   Essays of life   Poetry of Past   Form for Impression
ワンちゃん 詩の泉 読書
自作の詩です。2019年10月からスタート。ご覧ください❣
クマちゃん 生活のエッセイ 封筒
生活の中で、感じたことをエッセイにしています。
ニャンニャン 私の書いた詩 引出し
2019年8月までに、私が書いた詩の数々。過去の作品集。
ブタブタ ご感想フォーム ラブレター
ご感想・ご意見をお聞かせください。お待ちしております。
ひよこ 私の俳句 ラーメン
私の想い・心模様を俳句にしています。順次、更新します❣

亜紀海・ロゴマーク  リンク用ロゴです。私のホームページはリンク・フリーです。
出来れば、ご感想フォームからご一報ください。

2022 年新春からの気まぐれ日記・メッセージ~1月の思い~
2022 年の年賀状~皆様に感謝~
皆 様への感謝(ありがとう)の言葉(ことのは)
昨年は、コロナ禍の中で、私なりに一生懸命、生き続けた一年でした。
今、私は、“亜紀海美装”個人事業主としての本業とコンビニ業務のサポートの二つの仕事で生計を立てて います。 ささやかに質素な生活を送っていますが、詩人としての創作活動や趣味の写真撮影や料理作り、さらにバイクライフ を楽しみ、心や豊かに過ごせる日常に大感謝の日々です。
今年も皆様方とともに、力を出し合って、ステキな一年にしていきましょう。
昨年の2021年に、これから始まる2022年に、何に増しても、皆様方に「心から、ありがとう❣」
2022年1月1日(元旦/土曜日)
新年おめでとう ございます。
今 年 も、私なり に、皆様方とともに、ステキな一年にしていきたいです。まだまだ先の見えないコロナ禍。オミクロン株の出現。
こ の時 勢で死を 見つめておられる方もいますが、今は生きることが大切です。私は、医療関係で戦われておられる方々、若い女性の方々を特に応援し ています。ときどき、私のウェブページへご訪問くださいね。
2022 年1月10日(月)
今 日は成 人の日💕
若 い皆さ ん、本当におめでとうございます。
そ のころ 私は、京都・龍谷大学の学生でした。
年 を重ね た今も、気持ちは20歳代でいます。
い つも元 気一杯に、仕事と趣味に、青春を謳歌しています。
昨 夜、 やっと年賀状も書き終えました。
昨 年年内 に60枚、後半戦(今年)で90枚、合計160枚書き、
友 や大切 な方々に、お贈りすることができました。
毎 年のこ とですが、パソコンでひと味ふた味違うものを作ります。
やっ と年 賀状を書き終え投函、肩の荷が下り、ほっとしています。
コ ロナ禍 だからこそ、私はより強く生きています。
私 も、貴 女方、君たちと同じ青年です。
今 年も、 ともに前進していきましょう❣
2022 年1月11日(火)
コ ロナ禍の中で、成人の日もこじんまりとしていました。
日 本のステキな部分に、着物(袴を含めて)があります。
日 本の文化の象徴であり、外国人が着物にあこがれる。
日 本女性が着る着物が体型からも最高に美しく感じるのは私だけでしょうか。
着 物の晴れ姿の少ない、昨日の成人式でした。
そ んな中で、母娘で着物を着て歩いている姿を目にし、ステキに思いました。
コ ロナ禍は、一時収まるかと思うや否や、オミクロン株の出現。
ま だまだ続く果てしないコロナ禍。
私 自身も戦い続け、また、着物姿があふれる日が来ることを願い続けています。
あ きらめず、どんな状況でも、共に未来へ共に今を戦っていきましょう。いつか夜明けの時が来ます。今こそ、若い女性に、生き続 けてほしいと思う私です。私の大学時代の研究テーマの一つが、「社会と家庭、その中で強く生きる女性、いかなる選択をす る か」でした。
2022年1月12日(水)
こ れで終息するかと思われた新型コロナ。
ワ クチンが功をなしたと思うや否や、オミクロン株の出現。
With Coronaと言われているが、その表現は甘いと私は思う。
Against Coronaであると思う。コロナと付き合いながらでは甘い。コロナと戦いながらの生活であると思う。先が全く見えないコロナ。でもあきらめず、戦い続け、未来を共に信じ たいところだ。
2022年1月13日(木)
昨年末に撮った高円寺のイルミネーションを映像に編集しました。
高円寺を行き交う老若男女。
道路に飛び出たり、赤信号を無視したり、そんな若い方を見るにつけ、コロナ禍の中で自分の命をおろそかに思うことは避(さ)けて ほしいです。まず、自分の命を大切に。苦しいからと言って、無謀になるのではなく、自分と他の人を思いやる心を持ちましょうよ。 どんな時代でも、まず自分自身を大切にすることが最初です。
2022 年1月14日(金)
一時的に激少した、コロナ感染者数。
白昼夢だったのでしょうか。このまま行ってほしいと、皆が思ったことでしょう。
ワクチンが功をなしたのは事実。でもそれだけでは、ダメでした。
ワクチン研究者・開発者の努力は並大抵ではない。
コロナ終息には、一人ひとりの努力がまだまだ必要です。
あきらめず、乱暴・無謀にならず、皆で、今を生き続けること。
ともに、今を前向きに歩いていきましょう。あせりと投げやることは禁物です。

2022年1月15日(土)
以前はずっと、1月15日が成人の日でした。
私も二十歳をずっと前に迎え、いまは、貧しいながらも落ち着いた生活を送っています。でも、青春期のときめきを今も持ち続 け、20代の若さと体力・知力でがんばっています。現状のコロナ禍の続く中、仕事も生活も試行錯誤で、自他ともの幸せを願い つつ、日々送っています。
先ほど、ステキな大人を夢見て、歌い続ける新妻望さんの歌声をショートでユーチューブにアップしました。よろしければ彼女を 応援してあげてください。
リンク先:https://youtu.be/770rzf2Epm0 
歌のメッセージ:新妻望さんの歌声(ユーチューブ・ショート動画)
携帯またはショート動画専用:新妻望さんの歌声
2022年1月16日(日)
私たちが子供のころは、アナログ時代でした。
私が大学生のころ、アナログ時代からデジタル時代へと移行してゆきました。
今は、誰もがすぐ情報を発信でき、情報であふれる時代です。
良いもの悪いものの区別がむつかしい現状。
何より怖(こわ)いのが、本物まがいの偽物(ニセモノ)。
インターネットの世界でも、現実の社会でも、ニセモノほど怖(こわ)いものはない。
アップルコンピューターのリンゴ。誰かが作成した、アップルの偽物リンゴのロゴマーク。騙(だま)されてそのサイトへ入る人 多し。デジタルの世界では、l(エル)とr(アール)が違うだけで、別物扱いになる。アドレスは、日本人が発音に弱いrと l、appleがappreだけの違いで、本物以上に立派なリンゴマークに騙される。
正邪の判断より、今はニセモノを見抜く力だ要求される時代。
コンピューターとインターネットさらにSNSなど、情報社会が私達にもたらした便利さや貢献度は計り知れない。でもその反 面、心が通じにくい時代でもある。
この大変な状況下での現代。泣きっ面に蜂:それに悪が便乗してのしかかった❝コロナウイルス❞の出現と果てしないはびこり。
今増えている、自殺者の数。予備群を含めると、莫大な数値に昇(のぼ)る。
今、死を見つめ苦しんでいる人に、友に、生きてほしいと私は願い、音楽動画を発信します。朝から作製しました。
https://youtu.be/7gjWNDJ8I2k
冨田麗香さんが歌う、「ひこうき雲」←クリックまたはタップしてみてくださ い。
2022年1月17日(月)
朝食2022年1月17日今日の朝の朝食です。
私は、食べ物、睡眠、適度な運動の3つをいつも大切に、健康管理には気を付けています。
今日もこれから仕事に向かいます。
貧しいながらも、心豊かに、健康に、働き、学び、遊べること。これが一番の幸せです。お互いに健康第一で生活していきましょ う❣

2022年1月21日(金)
コロナ禍の急激増。一時的なおさまりは、かえって私たちを、より苦しめるものに。今の時勢、先が全く見えず、投げやりになった り、無謀になったり……。いま、できる人、できない人の格差が大きい。
コロナに便乗して、自分さえよかったらいいという意向で、人を自己エゴで利用したり、だましたりすること。
本物そっくりの人や会社が、いかに増えたことでしょうか。
ウィルスソフトの大手2社も、大悪の会社である。悪に対峙するという項目で、悪より悪いことを平気でしている。悪の存在をうまく 自分のもうけにつなげると手口。
刑務所に入る輩より、法律やニセの道徳などの手口で、最大悪を犯し、その悪の見返りなしで、すまして生きている悪魔(人間の姿を したバケモノ)。
わたくしは、この悪魔とたたかいつつ、善智識の人のおかげで今を力強く生きている。私は、悪知識の存在によって、より強い人間い 成長できたといえる。
こえれからも、コロナと悪知識と戦いつつ、力強く生きていきます。
2022年1月22日(土)
どんな状況でも、人は生きなければいけない。
なげやりになったり、無謀になったり、あきらめきったり…
そうではなく、少しでも前向きに、一人ひとりが今の時勢を見つめつつ、努力していったら、きっと未来は来る。
経済的に行き詰まらないよう、公的支援や生活スタイルの変更で、乗り越えていこう。国の借金は膨らんでも、今を生きることが 大切。先でこの付けは帰ってくるが、そんな鳥越苦労より、政府は、生活困窮者には、最大の援助の手を差し伸べるべきだと思 う。
心を閉ざすことなく、時代に応じて、私も試行錯誤で、今を強く生きている。
苦しいのはみな同じ。だから私は少しでも、皆の役に立つよう、仕事でもプライベートでも、最大の努力をしている。皆さん、と もに今を乗り越え、生きていきましょう。

2022年1月23日(日)
私の母校は、龍谷大学です。
大学時代は、机に座って勉強したことは少ないです。
専門が、経営経済学でしたので、スーパー、百貨店、コンビニ、パチンコ屋さん、いろんなところへ足を運び、人に会い、流 通経路や人々の生活など、生きた経済を現地で学んでいました。アルバイトもいろいろしましたが、すべて、自分の専門分野 に繋がるものでした。
私学で、私は、龍谷大学と近畿大学以外は全く行きたくありませんでした。
本当は、龍谷大学・文学部・国文科に進みたかったのですが、悪の伯父に迷わされ、経営・経済の道へと進みました。近畿大 学・医学部・医学科も99%推薦入学枠で行けたにもかかわらず断念しています。
机に座って勉強した唯一の想い出は、龍谷大学・文学部・大宮学舎・図書館で古典文学を読み漁っていたことです。源氏物語 や伊勢物語が大好きで、原文で読んでいました。龍谷大学は学部間の壁がなく、一人ひとりの学生を、龍谷大学の一学生とし て大切にしてくれる素晴らしい大学です。文学部の教授が、私のために、龍谷大学文学部大学院の模擬テストをしてくれたこ とがありました。模擬面接と、学科は国文学および英語でした。英語は合格点であり、面接と専門は最高合格点であると言わ れました。そして、先生は、「君の情熱こそ、学問の原点だ」ともおっしゃっていただきました。
自己の意思に反して、医学もしくは国文学の道に進みませんでした。だから、社会人になってからも、職を転々とし、常に上 を目指し、道に迷いながらも、今は、個人事業主(正規登記済)と、フリーランスとしてのコンビニのサポート業で、生計を 立てています。経済的には貧しくても、充実した生活を送っています。日々感謝して、いろんなことにトライしています。い まだに、20歳代の体力と知力を維持し、人生経験が、バックボーンとなって、すべてにプラスしています。
いま、コロナが急激・爆発的増加する中で、何が一番大切か。それは、生きることであり、お金です。経済の基本はお金で す。お金が無くなると、心も荒(すさ)んでしまいます。お金がなく、死を選ぶことが悲しいことです。また、ダミー(本物 そっくりのニセモノ)によって、人は迷わされ、心を傷つき、死へと向かうこと。これも悲しいことです。国が今すべきこ と。それは、お金のバラマキです。生活困窮者を助けることです。公務員は、生活を保障されているので、困窮者のことを知 ることが非常に困難です。企業経営者で、地獄を見た人は、身をもって知っていることです。
私は、人に経済的援助はできませんが、私ができること。人に心のサポートをすることと経済の仕組みを知っているので、国 や行政に訴えることです。
一人ひとりの人が生きるために、今がコロナ禍だからこそ、より一層の努力をしています。みなさん、共に戦っていきましょ う

2022年1月24日(月)
「昔はよかった。それに比べて今は……」とか「今の若者は……」とか、などなど苦言を人はすぐ口にする。
でも、しっかり見てみると、それは一面であり、悪い点もあれば、すぐれた点もある。
現実の中で、若者のいい点を認め、現状の中で、前向きにしっかり生きることが大切でしょう。コロナ禍だからこそ、より心優し い人、自分の使命の仕事に一生懸命の人……いい点もいっぱいあるのです。(その一例として、前者が一流の看護師さん、後者が 一流の医師。そんな方々を私は大切に尊敬しています。)
お 互い、悪い面が目につきやすいのが私たち人間で す。でも、ポジティブに今を生きましょう。
コップに半分入った水を見て、水が半分もあると思うか、水が半分しか ないと思うか。
3つのパンがないと嘆(なげ)くか、1つのパンを包丁で切って、3人で分 け合うか。いまは、何があっても、分け合って、助け 合って、苦しみを分かち合い、小さな喜びを大切にする時だと思います。コロナ禍に負けず、互いに助け合い、自分自身が強く生 きていきましょう。時には、あきらめたり、休んだりすることも大切です。マイペースで、3歩進んで2歩さがる
2022年1月25日(火)
哲学的なことですが、今私が考えていることです。
世の中には、3%の善智識の人がいて、3%の悪知識の輩がいると思う。
94%の人は、どちらでもなく、ごく普通の人だと思う。
悪知識の輩に、心乱されることなく、無視して、足を引っ張られないようすることが大切。
また、善智識の人とは、助け合い、その人のアドバイスも受け入れ、共に悪を乗り越えて戦っていく。
コロナ禍の今こそ、私はより強く生きていく意向だ。
パーフェクトを考えず、昨日の自分より、今日の自分、そして今日より明日の自分へとより上を目指して向上していく。1センチでも 3センチでもいい。他と比べるのではなく、自分自身との戦いだと思う。悪に負けないこと、それはまさに自分自身との戦いだと思 う。悪知識をいくら憎(にく)んでも始まらない。悪知識がいるというのが現実なのだ。悪知識と対峙する中で、私は大きく成長して いる。




inserted by FC2 system